%%FILELINK%%
%%HEADER%%

抗生物質のアモキシシリンについてご説明します

アモキシシリンは抗生物質

シアリス

アモキシシリンとは、ペニシリン系の抗生物質です。細菌の細胞壁の合成を妨げる働きがあり、増殖を抑える事で殺菌的に抗菌作用を表すお薬です。細菌は、細菌壁という防御壁を持っている細菌は、この防御壁がないと生きる事ができません。細菌の防御壁の合成に大きく関わっているのは、ペニシリン結合タンパク質、通称「PBP」と呼べれる物質ですが、アモキシシリンはこの細菌のPBPに働きかけ、細菌壁の結合合成を妨げる事で抗菌作用を示します。

アモキシシリンは主にブドウ球菌、肺炎球菌、淋病、ピロリ菌、大腸菌、梅毒トレポネーマ等が原因の感染症の治療に役立てられています。

ここでは、抗生物質とは何か?、アモキシシリンの製薬経路、アモキシシリンの処方や市販薬について詳しく説明していきたいと思います。

アモキシシリンとは

アモキシシリンとは、比較的近年開発されたβ-ラクタム系の抗生物質で、細菌感染症の治療に用いられています。ペニシリン系抗菌薬に分類されるお薬で、細菌の細胞壁の合成を妨げる働きがあり、細菌に対して殺菌的に抗菌効果を表すお薬です。腸からの吸収が良いことから、主に経口摂取薬として用いられています。アモキシシリンは、β-ラクタマーゼ系の抗生物質を加水分解する酵素「β-ラクタマーゼ」による分解を受けやすい為、その分解を避けるためにクラブラン酸と組み合わせて供される事もあります。アモキシシリンは、1972年にビーチャム社(現在のグラクソ・スミスクライン)によって開発されました。

日本国内では、パセトシンとして協和発酵キリンが販売、サワシリンの呼び名でステラス製薬が販売をしている他、各製薬会社からさまざまなジェネリック医薬品が販売されています。

アモキシシリンは、微生物の細胞壁の合成を妨げる働きがあり、これによって効果を発揮するお薬です。

製薬経路について

アモキシシリンは、細菌の細胞壁の合成を妨げる働きがあります。細胞壁と呼ばれる壁をもつ細胞は、この壁がないと生きていくことができませんが、アモバンこの細胞壁の合成を阻害する為、細菌に対して殺菌的に作用します。細菌の細胞壁の合成に大きく関わるのが、ペニシリン結合タンパク質、通称「PBP」と呼ばれるものがありますが、アモキシシリンには、細菌のペニシリン結合タンパク質(PBP)、グラム陽性菌の細胞壁の主成分ペプチドグリカン鎖間の架橋を阻害する働きがあります。この働きによって、抗菌作用を示します。グラム陽性菌の他、グラム陽性菌の一部である連鎖球菌、ペニシリン感受性の肺炎球菌、腸球菌、グラム陰性菌である、インフルエンザ桿菌、淋病、サルモネラ菌、大腸菌、プロテウス菌などの中程度の作用範囲(スペクトラム)を持っている抗生物質なので、これらの細菌に効果的に作用します。

また、アモキシシリンはβ-ラクタマーゼ系の抗生物質を加水分解する酵素「β-ラクタマーゼ」よる分解の影響を受けやすいので、クラブラン酸と組み合わせて使われる事もあります。

抗生物質とは

抗生物質とは、今日では、50種類以上に及ぶ細菌を代表とする、微生物が生産し他の微生物の成長を阻害する物質と定義されています。肺炎や、化膿した際に発症する感染症などに効果を発揮するお薬です。

1929年に細菌学者のフレミングにより、「青かびの周りにはばい菌が増殖しない」という事を発見し、青カビの作るペニシリンという物質が感染症の原因となる、ブドウ球菌などの成長や発育を阻止する事が発見されました。これが初めて生まれた抗生物質です。この発見は画期的なもので、当時不治の病と言われていた結核も抗生物質「ストレプトマイシン」が発見された事により、治療が可能となりました。

抗生物質の「抗生」とは生命に対して拮抗するという意味があります。病原体の細胞(生命)と拮抗して、その病原体を殺すという意味になります。私たちの体内の細胞に影響を及ぼさない、毒ではないものが、治療薬として利用されています。

従って、ウイルスが原因である「風邪」などの症状の場合は、一般的には抗生物質は処方されません。原則として、細菌が原因と考えられるクラミジアやマイコプラズマ肺炎などの場合や、二次的に細菌の感染を合併している場合に用いられます。

アモキシシリンの処方について

アモキシシリンは、医師により細菌による感染症と診断された場合に処方されます。主に、梅毒や淋病、肺炎、リンパ管・リンパ節炎、膀胱炎、急性気管支炎、ピロリ感染症、外傷や潰瘍の二次感染、子宮内感染、手術の際の二次感染、中耳炎など、治療に広く用いられています。

例えば、梅毒の治療ですが、この病気は抗生物質(アモキシシリン等)を飲まなければ絶対に治らない恐ろしい病気です。感染症ですので、周りの人たちの為にもしっかりと完治させる事が重要になってきます。感染患者は20代女性、男性では20~50代が最も多くなります。近年、ひと昔前まで多かった同性間での感染よりも、異性間の感染の報告が増えてきているようです。また、女性の患者さんも増えています。この傾向について、専門家はこれからも感染がもっと広がる恐れがある事を示唆しています。

梅毒の場合、男性であれば泌尿器科、女性なら婦人科、手のひらに疾患が発症した場合は皮膚科でアモキシシリンを処方してもらえます。

アモキシシリンの市販について

アモキシシリンは頭痛薬や胃腸薬などのお薬と違い、抗生物質なので市販では販売されていません。基本的には、医療機関を受診し、医師により診断を受け、アモキシシリンが治療に適切だと診断された場合に処方してもらえます。また、アモキシシリンは処方箋医薬品にあたるので、薬局やドラッグストアでは購入ができませんので、必要な場合は必ず病院を受診し、医師の診断を受けてキチンとした治療を行うのが完治を目指すためにはとても重要です。自己判断でお薬を飲んでしまうと、お薬の量がわからず中途半端に飲んでしまいかねません。細菌は、抗生物質を使い過ぎたり、量が少ない、中途半端に使ってしまうと抗生物質が効きにくい菌が残ってしまい、それが増殖する事を繰り返してしまうと、完全に効かない菌が生まれてしまいます。そうなってしまうと治療に時間がかかってしまったり、完治が難しくなってしまいます。また、症状が治まったからといって服用を止めてしまうと、再発する恐れもあります。

病気の完治の為にも、きちん病院へ行き治療を行いましょう。

アモキシシリンの通販について

アモキシシリンは、処方が必要なお薬なので市販されていませんが、通販で購入する事も可能です。通販といっても楽天やAmazonなどの国内に倉庫をもつ通販サイトではなく、海外の医薬品を個人で購入するための個人輸入代行サイトを利用します。というのも、医薬品の販売は、国内では医師の処方箋の元で処方(購入)が薬事法で定められている為です。国内で処方箋なしに売買する行為はこの薬事法により禁じられています。従って、医薬品を通販で購入する場合は海外の医薬品を取り寄せなければいけません。個人で輸入をすると聞くとハードルが高く感じますが、代行サイトを利用すると、簡単に購入する事ができ、病院へ行く手間も省けるのでとても便利です。

海外からの個人輸入ならOK

日本国内でのアモキシシリンの購入には医師による処方箋が必要不可欠ですが、海外の医薬品を個人で取り寄せる「個人輸入」なら処方箋がなくても購入する事ができます。

日本では処方箋が必要ですが、海外の医薬品を購入する際には処方箋が不要となります。なぜ処方箋が不要なのかというと、個人輸入は「全て自己責任」となるからです。お薬の販売は一般的に医師に診察してもらい処方箋に元図いて薬剤師により調剤されるので、その責任は医師にありますが、個人輸入の場合処方箋が不要=責任は購入した個人になります。その為、予期せぬ副作用が現れた、健康被害にあった、などの場合でも購入した本人の責任になるので注意が必要です。また飲み合わせによっては危険なお薬、併用注意薬、併用禁忌薬もありますので、現在他に何かしらお薬を服用している方も注意しなければいけません。

個人輸入を検討している方は一度医師の診察を受ける正しいお薬、用法や用量を把握した上で購入する事をおすすめします。

個人輸入代行サイトが便利

個人輸入で処方箋なしで購入できるますが、個人輸入を行うには自ら海外の企業やメーカーと連絡を取り合い、その国の言語でやり取りをしなければならず、そのメーカーが実際に信用できるのか、なども見極める必要があります、中には偽物や粗悪品を販売する業者もあります。

そこで、効率的に海外の医薬品を入手する方法として今注目を集めているのが、個人輸入の代行業者を利用することです。これは、インターネット上で販売を行っているサイトで、全て日本語表記で記載されています。この代行業者は「利用者が海外の製品を購入する事をお手伝いするだけ」ということを認識しておく必要があります。

個人輸入の代行サイトは、ネット通販でお薬を購入できるので「忙しくて病院へ行く時間がない」「通院が不便」「性病など、恥ずかしくて病院へ行くのが億劫」等、さまざまな理由で個人輸入代行サイトを利用する方が増えています。これを利用すると通院費や節約できたり、国内産のよりも比較的安く購入できる、来院する必要がないのでプライバシー保護の観点からもとても便利な購入方法といえます。

まとめ

アモキシシリンは、ペニシリ系の抗生物質です。細菌の細胞壁の合成を妨げる働きがあるので、増殖を抑え、殺菌的に抗菌作用を示します。ブドウ球菌や、肺炎球菌、淋病、梅毒などの治療に幅広く利用されているお薬です。

アモキシシリンは、抗生物質なので処方箋医薬品にあたります。一般的に医療機関を受診し、医師による診断をうけ処方されるのでドラッグストアなどでは購入する事はできません。

しかし、個人輸入代行サイトを利用する事でネットで購入することが可能です。プライバシーも守れて大変便利ではありますが、抗生物質なので、症状によって服用の期間や量が異なりますので、一度医師による診察を受け、自身で必要な量や用法を把握してから購入するようにしましょう。

%%SIDE%%
%%FOOTER%%